COLUMN

コラム「ズキュン♪通信」

2017/10/05

【vol.466】社長の給料まる見え日記 ⑶ ビジョン・売上目標を捨てる

7月から
「情報をオープンにする」
「コントロールを手放す」
「何事も話し合って決める」
をテーマに“ホラクラシースタイル”を取り入れています。

★ビジョン・事業計画・売上目標を捨てる★

今期から、ビジョンをリセットしました。
また、事業計画もつくらず、売上目標も設けていません。

それで、一体どうやって会社を成り立たせるんだ?
という感じですよね(笑)

「コントロールを手放す」というテーマを考えた時、
ビジョンや売上目標を決めてしまうと、
それが社員に対するコントロールの源泉になってしまいます。

「一人ひとりが主体的に考え、行動できるチームにしていきたい。
ただし、この目標はクリアしてください」

というのは、裏を返せば
「目標をクリアできないならば、主体的な行動はさせられませんよ」
ということになる。

つまり、社員の主体性より、目標達成の方が重要度が高いわけです。
そのことが、社員と会社の間に見えない壁を
つくっているのではないかと考えました。

事業計画や売上目標をなくしたら、社員はラクな方向に流れてしまうのか?

主体性に徹底的に着目した時に、
人は経営側の想定を超えるパフォーマンスを発揮するのではないか?
というチャレンジなのです。

 

《まとめ》
主体性>事業計画
この優先順位を明確にしたかった。